あなたがもっとすてきになるために

BLOG

特別コラム あなたがもっとすてきになるために

五月の色

2017.05.24 Wednesday │ 10:43


バラが満開です☆








 




五月は、植物が一番輝く季節です。



藤の花。









光と風がとけあい、新緑も引き立ちます。









五月の色は、風を感じながら、空を眺めているだけでも癒され、豊かな気持ちになります。



自然の美しさは、偉大です☆









美しさと共に、歩くには・・



゙余白を大事にする゙

by 「くらしのきほん」からのメッセージ


つめこみすぎない

人との付き合い方

時間の使い方など・・


つい不安になって、忙しい自分にしてしまいますが、何もしないことも大切です。


どんなものでも、余白のないデザインはバランスが悪く、見ていて疲れます。

余白、間もデザインの一部です。

五月の色を感じて、こころのままに、行動していきたいと思いました。













 



 


輝くつつじ

2017.04.29 Saturday │ 16:18


つつじが美しい季節になりました!


特に、根津神社のつつじは、輝いています。









鮮やかなピンク、明るい緑の新芽が溶け合い、配色の美しさに魅了されます。









根津神社のつつじは、徳川家宣の生まれた屋敷地であった時に植えられたのが起こりで、300年以上の歴史があります。









明るい太陽の下で、つつじを眺めていたら、色々イメージが広がってきました。



つつじ色の配色を、初夏に向かって着こなせたら、ステキですね。


まずは、リップカラーに鮮やかなピンクを少しだけ取り入れると、初夏の光が感じられると思います。










゙変わらない自分がいるためには、常に変わり続けるこど

by 松島菜々子



以前は、「変わらないね」って言われると、心の中で、”私は変わっているのに・・”と反発してましたが、

 

これって誉め言葉だったのですね。。


まったく同じでは、古びて取り残されてしまうと思います。



300年以上たったつつじも、常に変わり続けているから、美しさを保っています。
 



これからも気持ちの変化を、大切にしていきたいと思いました☆









 

Thank you ☆桜

2017.04.16 Sunday │ 12:23

桜の見頃は、もうすぐ終わりですが、パウダーピンク色の花びらが、風に舞ってキレイです。


今年もたくさんの桜を感じることが出来ました!









桜は昔、山の神が桜の木に宿り、神聖な木として崇められ、豊作を祈願したと言われています。


今は、祈願を成就させる願いを叶える木と言われています。


例えば、「花びらが落ちる前につかまえると願いが叶う」


「花びらをつかまえた数だけ、出会いの数がある」などのおまじないがあるようです。











゙みにくいと

秘めた想いは色づき

白鳥は運ぶわ

当たり前を変えながら


胸の中にあるもの

いつか見えなくなるもの

それは側にいること

いつも思い出して〜♪゙

By  星野源 (恋)





損をしたくないから、人の出方をみたり、傷つきたくないから、行動できない。。など、人は弱い部分がたくさんありますが、桜を感じていると、優しさと勇気が涌きでてきます。










次は新緑の季節。


太陽いっぱいの、明るいグリーンの景色が、今から楽しみです。 










ときめく!赤×白コーディネート

2017.03.02 Thursday │ 21:40


情熱的な赤と純粋な白。


ひとつ間違えると、チグハグな着こなしになってしまいますが、異なる魅力的な色をうまくコーディネートすれば、可憐な印象に演出できます。









たとえば白のT シャツと、人気のレースがついているスカートに、さらりと赤のカーディガンを組み合わせる。


T シャツはプリント柄でもOK です。


赤が全体を引き締めてくれて、上品な着こなしが表現出来ます。








またその逆で、春らしい白ジャケットに、赤のプリント柄T シャツを取り入れてもステキだと思います。











さまざまな異なるアイテムを重ね着しても、新鮮ですね。



赤と白の2色で、ここまでコーディネートを楽しめます。










こうやって考えると、苺ショートケーキをイメージできませんか?笑



こぶりな苺の赤と白いクリームのコントラスト。


スイートな甘い香り。



こんな気持ちで着こなしを楽しんでいると、オシャレの幅がいつもより広がってくると思います。




 



 





ときめく春は、身も心も軽く、イメージを大切にしていきましょう!
 



 



「明るい方へ 明るい方へ」



 



BY 金子みすず(詩人)



 


ヒカリノウメ

2017.01.27 Friday │ 10:29

近くの小学校で、もう梅の花が咲いてました。


思いがけない春の訪れに、気持ちが明るくなります。







毎年梅の花を見て感じることですが、一番寒い時期に、美しく輝き、感動します。


冬の冷えきった、透明感ある風景の中だからこそ、より輝いて見えるのですね。


いつも色々な事を気づかせてくれる自然の美しさは、生活に潤いと感謝をもたらしてくれます。









゙たとえば100万回のうち
たった一度ある奇跡
下を向いてばかりいたら
見逃してしまうだろう


さぁ
空に架かる虹を今日も信じ
歩き続けよう 
優しすぎる嘘で涙を拭いたら
虹はそこにある゙


by Mr.Children (ヒカリノアトリエ)   




暖かい春は、もうすぐです☆



2017☆心と体を暖かく

2017.01.13 Friday │ 21:34


寒中お見舞い申し上げます。


昨年はお世話になり、ありがとうございました!


今年もご指導の程、宜しくお願い致します。


とても寒い日が続きますが、心と体は暖かく♪ お過ごし下さいませ。




゙秘する花を知るこど by 世阿弥


訳 : 秘密にすることが人を魅了する花につながる。

この分け目を知るのが、人を惹き付けることにおいて重要だ。




いつものアウターが見違えるスカーフ☆ストールの巻き方

2016.11.04 Friday │ 14:08

 

11月に入り、やっと寒くなってきました。

 

いよいよアウターの出番です!


 


アウターの色は黒、紺、グレー、ベージュなど、合わせやすいベーシックな色が人気ですが、風景としては、ただの防寒具として見えてしまいます。

そこで巻き方次第でいつものアウターが見違える、スカーフ、ストールは大活躍します。

ステキな巻き方は、やたらこったデザインではなく、さりげなく巻くのが今年流です。

 

 


 


黒、紺のアウターは、中のトップスを彩やかな色を取り入れ、スカーフは明るい色でさりげなく表現しましょう。

 

 

 


ベージュ系のアウターも同じです。

 


 

 


ストールはチェック柄が新鮮です。

 

 

トレンチ、コクーンコートも、表情が豊かになります。

 

 


 


 

 

キャメルのコートには、大判のスカーフをさらりと巻くと、大人スタイルに変身出来ます。



昨年から注目されている、ぐるぐる巻きは、薄手のアウターにお勧めです。

巻き方は、下の写真の通りです。

 

 

一周してから、方結びをします。

 


 


よくフードコートに似合う巻き方の質問を受けます。

フードの下からさらりと巻くてと、暖かくステキに見えます。

 


 


最後にレザーのアウターには、インパクトのある柄のスカーフ、ストールを取り入れると、カッコイイスタイルに仕上がります。

 


 

 


 

 


この様に、さりげないひと巻きで、オシャレ度がアップし、アウターが映えます。

 

 

スカーフ、ストールはアウターより明るい色を選び、柄は幅の広い年齢層が似合うチェックがお勧めです。

 


 


今年はスカーフ、ストール使いを極めて、完成度の高いスタイルに近づけましょう。


「やっただけ無駄ってこと、人生にいっこもないと思う。
決して誰にも誉められなくても、認められなくても、出来る限りのことは全力で全部したって思いたい。
だから私も今からまた無駄だって思えることしてくるよ。」

by  あるテレビドラマを見ていてピンときた言葉

 

 

☆久しぶりにコラージュ、デザインしてみました

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスモス

2016.10.13 Thursday │ 15:45


風立ちぬ 今は秋。

 


コスモス畑へ行き、秋をより満喫しました。

 




 

 

 


柏市にある、あけぼの山農業公園のコスモスです。

 


見渡す限り、コスモスで一杯です。

 

 



 

 

 



 

 


こんな小春日和には あなたのやさしさがしみてくる♪

 


山口百恵の゙秋桜゙の歌が広がってきました。笑
 

 

 



 

 

 



 

 


オレンジのコスモスも咲いてました。

 


うっとり・・ 美しいです。
 

特に花弁の曲線と茎のしなやかさは魅力的です。

 


 

 




 

 

 


可憐でやさしい香りのコスモス。

 

ただ眺めているだけで、穏やかな気持ちになれました。
 

 


 

 



「花は優しい 見る人を慰めて 何の見返りを求めない」

by  美輪明宏
 

 



 

お悩み相談☆

2016.09.29 Thursday │ 17:25

 


あるファッション雑誌のお悩み相談に、とても興味深いコラムを見つけたのでご紹介します

 

 


相談の内容は・・・要訳すると

 

 

「働き始めて4年だが、責任ある仕事を任されながらも、自分には向いていない気がする。

 

 

会社にいれば安心だけど、興味ある仕事にも挑戦したい。これって甘い考えでしょうか?」

 

 


それについての回答は、作詞家で音楽プロデユーサーである、いしわたり淳治さんは・・

 


回答を要訳すると、こんな感じです。

 

 

 

「入社4年目にして責任ある仕事を任されているのですから、向いてないどころか、上司からは向いていると思われているのではないでしょうか?

 

問題は向き不向きではなく、”やりがい”の方にあるだろうと思います。

 

世の中には頑張っている感をやたらアピールする人がいます。

 

そういう人たちのSNSには、特に主語がない頑張りだけが、主題の文章が多く見受けられます。

 

このままじゃいけないと勝手に夢を追いかけ始め、傷ついてもがき、生きている実感ややりがいを得る。

 

これではある意味、当たり屋です。

 

あなたも知らぬ間に当たり屋になっていないかをよく考えて、転職なさると良いと思います。」

 



 



私もその通りだと思います。

 


このような辛口、親身な回答、素晴らしいです。

 

 

SNSは、とても便利なツールですが、人の情報ばかりなので疲れます。

自分をアピールしたい、宣伝したい気持ちはわかります。

でもその人の表現の仕方、バランスがポイントだと思っています。

 

必要な情報だけ選んで、楽しんでOKです。


私は、頑張ったことや話したいことは、直接会って話したり、手紙を書いたり、メールしたりして、ふれあいを大切にしたいと思います。

 

 

自分の宣伝は、歩いて、行動して、頭下げて、感じて、傷ついたりしながら、デザインしていきたい。

 

 

時間はかかりますが、着実に実を結ぶと信じています。


諦めない。

 

 

自分は自分、人は人。

 


このお悩み相談をきっかけに、自分の気持ちが再確認でき、感謝しています。

 

 

”人はみな 生かされて 生きていく”


By 高倉健

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016☆秋のオシャレアップ

2016.09.06 Tuesday │ 12:37

 


まだ残暑は厳しいですが、秋の気分に少しずつシフトし、季節の変わり目もオシャレに過ごしたいものです。


今年のコレクションを感じてみると、キーワードはストリート柄、アニマル柄、ミリタリーなどが新鮮です。
 



 


色はメタリック、ライトイエローが記憶に残りました。
 



 




 

 


アクセサリーは昨年から引き続き、スタイルにアクセントを加えるスカーフ、パールが人気だと思います。
 



 



でも、ショップの店頭を見てみると、ベースはブラウン。
 



 



ボトムはワイドパンツ、デザインデニム、プリーツパンツが主流です。
 


 



素材はコーデュロイ、サテン、レース、柄はモノトーンでちょっぴり辛口な花柄などが人気だと思いました。



少しずつ秋の着こなしに変化させるには、トップスを秋の夕暮れに映えるベージュ、ボルドー、ブラウン系にしてみる。
 

 


またはボトムをカーキ色、マスタードにしてみるといいかも知れません。
 



 

 



全身秋色の着こなしは、バックの色を鮮やかにすることでオシャレの幅が広がります。
 


グレー系の着こなしにはイエロー。

 

カーキ色の着こなしには赤。

 

ベージュの着こなしには、グリーン系を選ぶと知的な印象になれます。
 




ルーズ、抜け感のある着こなしも最近人気です。

 


品良く見せるには、パールが着こなしを照らしてくれると思います。



 



メイクはいつものデザインに、アイホール全体にクリームシャードのブラウンをさりげなく伸ばすと、インパクトある自然な印象に仕上がります。




 

 

トレンド情報は、たくさんありすぎて困ってしまうと思いますが、その中でも自分が着てみたいと感じることが大切です。

 

実際ショップを歩くと、似たようなデザインばかり。

 

素材はいいか、着心地はいいかをポイントにして選んでみましょう。

 

あとは直感です!

 

失敗を恐れると、自分のスタイルが表現出来ないので、自分の魅力を最大限に生かし、秋のオシャレアップを楽しみましょう!

 

**********************************************

 

「デザインは、目立たせたり、表面を体裁よく取り繕うことであると誤解されがちです。

 

デザインの持つ力は、欠けている何かを埋める。不要なものを削ぎ落とす。魅力を最大限に引き出す。

 

そして、10年、20年先のブランド自体の在り方までを見据えながら、”よりよく”していくことです」

 

By 水野学(アートディレクター)