あなたがもっとすてきになるために

BLOG

特別コラム あなたがもっとすてきになるために

キラッと輝く☆ゆかたメイク

2013.08.02 Friday │ 14:15
 
8月は花火大会、縁日などのナイトイベントが多くなってきます。

この時は、ゆかたでのオシャレが楽しみですね。


ゆかたは昔、公家や武士が入浴や入浴後に用いた湯帷子(ゆかたびら)の略からきており、藍染のゆかたが代表だったようです。


ゆかたは”湯上がり着”なので、素材が柔らかいです。

メイクアップは、目立つメイクではなく、ふと目に留まる様な自然で、美しい存在感がほしいものです。

今回は、ゆかたメイクをテーマにアドバイスさせていただきます。


006.JPG


ゆかたメイクは、星空、花火など夜にキラッと輝く美しい風景を考えながら、涼しげな印象にしていくのが、ステキだと思います。


女性のゆかた姿は、普段とは違う女性らしいイメージを演出できます。

いつも元気なイメージの女性が、ゆかたで現れた瞬間、ハッとした経験もお持ちだと思います。


ゆかたを着ると、肌の美しさ、手のエレガントさなど、女性ならではの色気がより引き立ちます。


ゆかたの色、柄を感じながら、愉しく考えていきましょう。



003.JPG



<ベースメイク>

ベースメイクは、和装なので「マットに」と思いがちですが、少し間違えると厚塗りの原因になってしまいます。

ゆかたの柔らかい素材感を生かし、艶感があった方が良いと思います。

リキッドファンデーションで薄く、きれいに延ばし、パール感のあるフェイスパウダーを付けると、艶がでます。



<眉>

眉は自然に、明るい茶系で、眉山を強調しすぎない様に気をつけましょう。



<アイメイク>

アイカラーは、ミントグリーン、水色、ラベンダーなど夜空に映えます。

アイライナーはペンシルで目じり寄りを太く切れ長に、アイホールは月、星空と調和したゴールド、又はシルバーラメをさらりとぼかしていくと、夜のさりげない光に美しくみえます。

下まぶたのアイラインは、パープルを取り入れると神秘的になります。


マスカラは自然に塗りましょう。

特に、茶系のマスカラは目元を自然にみせる効果があります。


アイメイクは、上品で涼しげな色、キラキラ感、パープルがより女性らしさを演出すると思います。



521690_344268759037808_2142785438_n.jpg



<チーク>

チークは、血色感を上げると、湯上りの頬を表現できます。

ピンク系の色で肌の内側から発色する感じのクリームタイプがお勧めです。

丸く、ふわっとデザインしましょう。


<リップ>

リップは、ピンクベージュ、オレンジベージュ、ナチュラルな色を取り入れましょう。

グロスで艶を出し、ゆかたの色によっては、華やかな色にしても良いと思います。


ヘアとのバランスを考えながら、鏡を良く見て、デザインしてみましょう。



002.JPG



また、ゆかたの時に気をつけたい立ち振る舞いは、姿勢、歩き方も大切です。

姿勢は、あごを引き、肩の力を抜いて、自然に立ちます。

無理に胸を張ったりしないようにしましょう。


歩き方は、内股ぎみに歩くと美しくみえます。

歩幅は小さめに、上品に歩きましょう。


いつも行動的で、大胆な女性も、ゆかたを着ると、変身出来ますね。


夜にキラッと輝く、香り立つゆかたスタイルを演出してみて下さい。



007.JPG