あなたがもっとすてきになるために

BLOG

特別コラム あなたがもっとすてきになるために

冬のスキンケア

2013.12.21 Saturday │ 11:59
気温や湿度が下がる冬の季節は、肌の”乾燥”が一番気になると思います。

冬の冷えで皮ふ温が下がるためと室内のエアコンなどにより、肌の働きも弱まり、潤いが保ちにくい状態になります。


肌は外見の美を演出するだけでなく、体内の臓器や水分を包みこんで保護膜のような役割もしています。

肌が調子がいいと、体も健康だと思うので、冬は乾燥のない肌を目指していきたいものです。


007.JPG


そのために最も必要なのは、”保湿”をすることです。

素肌を空気にさらさないで、化粧水のほかに美容液や乳液、クリームで適度に油分を与え、しっとりしたファンデーションで肌を保護しましょう。


基本的な順序は、<朝> 洗顔⇒化粧水⇒乳液、美容液⇒メイクアップベース⇒ファンデーション

<夜> クレンジング⇒洗顔⇒化粧水⇒乳液⇒保湿クリーム


☆頬は目元の次に皮膚が薄いところです。
 洗顔は、ゴシゴシ洗うのではなく、肌に刺激を与えないようにやさしく洗いましょう。

☆クレンジングの後、油分をティッシュで押さえてから、お風呂で顔に蒸しタオルを当てても気持ちが良いです。


006.JPG


☆下の左側の絵のように、クリームを適度になじませた後、少量を足し、手のひらで密着させて、ほおを持ち上げるように外側に円を描いて、次に4本の指で、あご先から耳に向かって引き上げれば、なじませ技でハリと透明感がアップします。

そして、右側の写真のように、化粧水、乳液だけより、化粧水、乳液、クリームを重ねた方が皮ふ温が下がりにくいため、保湿力はより効果的です。


化粧品は嗜好品でもあるので、自分の感性、直感を優先して選ばれると良いと思います。


014.JPG


また肌は、毎日の天気や体の健康にも左右されますので、栄養バランスのとれた食事や運動をすることも大切です。

朝食抜きの不規則な生活や、ダイエットのための栄養不足は肌のはり、つやをなくしてしまいます。


肌を美しくする食事で、特に必要なのは、ビタミンA、C、Eです。


ビタミンA・・・レバー、うなぎ、バター、牛乳、トマト、ニンジン、ほうれんそうなど

ビタミンC・・・レモン、いちご、きゅうり、大根、緑茶など

ビタミンE・・・落花生、大豆、植物性オイル、小麦胚芽など


これらは、紫外線をくい止める作用もあり、肌の老化を防ぐので、ぜひ意識してみて下さい。


011.JPG


毎日何かに興味を持ち、ときめいたり、はらはらしたりすることは、脳を活性化させ、肌にも良い影響を与えるといわれています。

やはり気持ちが前向きで穏やかでいることが、何よりも大切ですね。

私も自分と向き合いながら、これからも冷静に見つめる時間を確保していきたいと思ってます。


冬こそ美肌=体、心の健康を目指して、自分らしさを輝かせていきましょう☆



001.JPG