あなたがもっとすてきになるために

BLOG

特別コラム あなたがもっとすてきになるために

春メイクはフルーツカラー

2013.02.10 Sunday │ 18:41
 
春は何もかもが目覚めていく、ステキな季節です。

新しい自分になれるチャンスでもあるので、いつものメイクを少しだけ変えてみてはいかがでしょうか?

前回のファッションカラーコーディネートでもアドバイスさせていただきましたが、春は明るい日差しを感じながら、自然の色と調和していく配色を提案しました。


今回の春メイクも、自然の色を取り入れるのが美しく、キレイです。

自分らしさが目覚めていく明るい、元気な自分を演出するには、発色のよいフルーツカラーをセレクトするのが一番だと思います。

イチゴ、サクランボ、ピーチ、オレンジ、マスカット、レモン、など瑞々しい色をセレクトして、新しい自分に出会いましょう!


006.JPG


いつものアイメイク、チーク、リップにフルーツカラーを足すだけで、簡単にステキになれます。

アイメイクは、マスカット、メロン、レモンをイメージしていきます。

たとえば、いつものアイメイクをした後に、目尻1,5センチだけマスカット色のペンシル又はパウダーをさりげなくのせてみます。

すると、下の写真の様にカワイイ、さわやかな目元が出来ます。


002.JPG

ピンクのチークを塗れば、補色効果で、より瞳がキレイにみえます。

レモン色のパウダーを目尻に足しても、キレイです。

黄色というと派手な印象がありますが、実際塗ってみると自然な明るさが演出できます。

ぜひ、試して見て下さい。


チークは、おいしくてカワイイ、ピーチ、オレンジをイメージしていくと楽しいです。

いつもピンク系のチークの方は、オレンジ、ピーチ色に変えて見ましょう。

いつもと違ったキュートさが輝くと思います。


001.JPG


上の写真の様に、アイメイクを青い空のイメージにしても補色効果で美しくみえます。


チークの付け方は、下の写真の様に角度を考えてみましょう。


005.JPG


左図の様に、黒目の少し外側からこめかみに向かって、チークを広めにのせます。

そして右図の様に、白っぽい色のハイライトカラーを頬骨から黒目の下にかけて、角度をつけながら狭い範囲にのせます。

すると、頬が上がった印象を与え、艶感もプラスされます。

メイクの最終イメージは、チークテクニックで決まるといっても過言ではありません。

ぜひ、取り入れて見て下さい。


チークを濃く、ポイントにもってきたい方は、下の写真の様に、アイメイク、リップはさりげなく塗る方がステキです。

春の光と調和した、イノセントな雰囲気が演出できます。


010.JPG


リップは甘酸っぱくて、キュートなイチゴ、サクランボをイメージしてみましょう。

ピンクベージュ、オレンジベージュのリップの方は、イチゴ色をイメージしながら唇の真ん中だけ塗り、手でぼかしていきましょう。

赤系グロスだけでも艶がでて、カワイイです。

唇全体に塗るのではなく、部分的に付けていきましょう。


003.JPG


鮮やかな色のファッションコーデをした時は、ガーベラの花の色のピンクをイメージしても楽しいです。

常に、全体のバランスを考えながら、デザインしてきましょう。

008.JPG


いかがでしょうか? 

いつものメイクに、少しだけフルーツカラーを足して見る。

色の発色も良く、何より春の明るい日差しにキレイに映えます。

自由な色、自由な線を描きながら、新しい自分を手に入れていく。

年齢などは気にしないで、自然の色をイメージしながら、ワクワク明るくなることが一番だと思います。

簡単なので、ぜひ参考にして下さい。


桜が咲くころには、青い空、満開の花たちが応援してくれて、春の風景にぴったりの自分に出会えると思います。